仕事を辞めたいくらいのストレスを、なんとかやり過ごすリフレッシュ方法6選

こんにちはうさぎです。

五月病をいまだに引きずっておりまして

毎朝仕事に行きたくない病で悩んでおります(行くしかないのにね)。

休みの日はスッキリ起きられるのに

仕事の日は同じ眠りでもドンヨリしています。

心ってなんて正直。

そんな毎日ですが

仕事に行かないわけにも

イカナイノデ

同じような方に向けて(一緒にしてゴメンナサイ)

本日は女性が一人でリフレッシュする方法6つ

お伝えしていきたいと思います。

気になるものがあればひとつでも試してみてください。

それではさっそく

目次

自分の趣味や興味を追求する

一人の時間を利用して、自分が興味を持つ活動や趣味を追求してみてください。

本を読む、絵を描く、音楽を聴く、料理をする、ハンドメイド作品や庭いじりなど。

無料の講座を利用してみるのもいいし

お金を払って本格的に挑戦するのもいいかも(それが先々本職になる可能性も)。

好きなことをしてる時って、他のことを忘れるし自分自身を癒やす時間となりますよね。

自然に触れる

自然の中でリラックスするのもオススメ。

公園で散歩する、山に登る、これからは海で泳ぐなど。

自然の中での活動は心身のリフレッシュにつながります。

うさぎは週に3回ウォーキングしていますが(痩せませんが・・・)

日光にあたると睡眠の質も良くなりますよ(骨も強くなるしね)。

温泉やマッサージに行く

リラックス効果の高い温泉やマッサージ。

誰かと一緒だと、他の人のペースを考えて気を使うことってないですか。

お友達や家族との時間も楽しいけど、たまには一人で行くのがポイントです。

疲れた体を癒やすには、自分のことだけ考える時間も必要です。

旅行する

一人旅は自分自身の成長や発見につながります。

新しい文化や風景を楽しみながら、気持ちのいい時間を過ごしてください。

女性一人だと特に安全な場所を選んで、計画的に旅行するのがいいと思います。

うさぎもよく一人で出かけて車で仮眠をとりますが、安全対策には気をつけています(おばはんなりに怖い)。

ヨガや瞑想をする

ヨガや瞑想は心と体をリラックスさせる効果があります。

自宅やヨガスタジオで行うことができまし、今はオンラインのクラスもありますよね。

うさぎもヨガに通っていた時期がありヨガ自体もですが、何かやってることに満足する事ができました笑(3ヶ月ボウズでしたが)。

後輩は好きが高じてスタジオを立ち上げて成功しています(カッコイイ)。

自己ケアをする

リフレッシュするためには自己ケアが重要です。

美容や健康に時間を割いて、たまには自分を大切に。

スキンケア、入浴、ヘアケアなど、自分自身へのご褒美時間を作りましょう。

最後に・・・ストレスを溜めないために

ストレスって病気の原因にもなりかねない厄介な存在です。

ストレスで傷ついた細胞が、修正する段階でエラーをおこし悪性の細胞になってしまうこともあるくらいです。

溜めてもちっともイイコトありません。

一人でもできるリフレッシュ方法を見つけて

自分自身を大切にする時間を作って下さい。

心身のバランスってほんとに大事です。

こじらす前に(うさぎのように、、)

少しずつガス抜きしましょう!

今回もここまで読んでいただきありがとうございました。

次回もよろしければ遊びに来てください🐰。

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてください。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次